家族や親族のみで行う家族葬をする

突然の葬儀にも

葬儀の準備は早めが良い

人の死は突然来ることもあります。病気で入院が長い人が亡くなった場合にはそれなりの心の準備も出来るものですが、脳梗塞などで急に倒れて亡くなってしまうということもあります。身内特に親や兄弟が亡くなった場合には動揺してしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。なので次に何をしたらよいのかやどこに葬儀のお願いをしたらよいのかといったことを考える余裕がなくなります。急な出来事でも困らないためにどこの葬儀やに依頼するのかあらかじめ検討しておくと良いです。そうすると次の行動にすぐ移ることが出来ます。また葬儀にいくらくらいかかるのかもはじめての人にはわかりません。なのでいくつかの葬儀屋に見積もりを取っておくと良いです。

故人の意向を確認しておく

お葬式といっても様々です。友人や親戚、会社関係者など多くの方を呼んで盛大に行うパターンや身内のみで行う家族葬などがあります。どのような葬儀を望んでいるのか元気なうちにお互いに確認しておくことが良いです。仏壇の周りはたくさんの花でいっぱいにしてほしいやお棺に何をいれてほしいのかといったことも聞いておくといざという時に困りません。またお葬式にはそれなりに費用がかかります。おおむね150万円以上を見ておけば大丈夫ですが、急にまとまった金額が必要となるため普段から準備しておくことも大切です。また相続される遺産にはどのようなものがあるのか、家族にある程度知らせておくことも大事です。後で莫大な財産が出てきて相続税を納める必要がでることがあるためです。