家族や親族のみで行う家族葬をする

希望する葬儀を

自分の葬式を自分でプロデュースすることができます

自分が亡くなった後で営まれる葬式の形式に、何かしらの希望を持っている場合には、生前に業者に相談してみることをおすすめします。改めて言うまでもないことですが、葬式というのは、誰かが亡くなった後で営まれるものです。葬式の主役である故人は既に死亡していますので、手も口も一切出すことができません。現実的なことを考えると、故人のポリシーに反するような形の葬式が執り行われるケースが多々あります。自分の葬式はそのようなものしたくないと考えているのであれば、生きているうちに業者と相談して、生前契約を結んでおくようにするとよいです。あらかじめ契約を結んでおけば、死後に遺族にかかる負担を軽減してやることができますし、自分らしい葬儀を営むことが可能になります。

最近増えてきた葬儀形式について

ここ数年、家族葬という名前の葬儀形式で亡くなった家族の見送りをする人が多くなってきました。葬儀業者によって呼び名に違いがありますが、故人の家族を中心にしてこじんまりとした規模で行う葬儀のことを指します。特に決まった形があるわけではありませんので、一口に家族葬と言っても、本当に家族だけで葬儀が営まれるケースもあれば、親戚や友人・知人なども招いた上で葬儀が営まれるケースもあります。家庭の事情はそれぞれですし、葬儀に対する考え方も人によって異なっているのが普通です。従来は、こじんまりとした規模の葬儀を執り行いたいと希望しても、それに対応してくれる業者がほとんどいませんでした。しかし、最近では規模の小さい葬儀を専門に取り扱う業者が増えてきました。