家族や親族のみで行う家族葬をする

お墓を移す

改葬する際に注すべき点

先祖代々のお墓が現在住んでいる地域から離れている場合、供養がしやすいように近くの霊園や納骨堂にお骨を移すことも可能ですが、自分たちが所有しているお墓だからと言って、勝手に移すことは法律で禁じられているので注意が必要です。 最近では、手入れや管理の必要がない納骨堂が人気ですが、地方のお墓から現在住んでいる地域の納骨堂に移す場合は、まず納骨堂から「受入証明書」を発行してもらう必要があります。お墓の管理者からは改葬許可申請書に署名捺印をしてもらい、受入証明書とともにお墓のある市町村役場に提出すると「改葬許可証」が発行されます。 お墓の引越しはこの改葬許可証が発行されてからでないとできないことになっています。

知っておくと良い情報

お墓を引っ越しする際は、寺院の住職に閉眼供養(お魂抜き)をしてもらいます。これはお墓から魂を抜き墓石をただの石に戻す儀式です。 また、新しく納骨される場所では開眼供養(入魂式)という儀式を行ってから納骨するのが一般的です。 納骨堂の場合は、お墓と違って寺院などの運営者が所有者に変わって管理をしてくれます。ロッカー式や神棚式、仏壇式など色々な形態のものがありますが、費用に関しては各納骨堂によって異なります。 納骨堂はお墓と違って購入するわけではなく、金銭を支払うことによって一定期間使用する権利を得るという仕組みになっています。期間が過ぎたあとは合祀墓に移して合同供養される場合が多いですが、納骨堂によって異なるので事前に確認することが大事です。