家族や親族のみで行う家族葬をする

ピックアップ

突然の葬儀にも

突然身内が亡くなった場合は、冷静な判断ができないこともあります。お葬式を行なう際には、身内だけでやるのか関係者等を呼んで大きく行なうことになるのかで、費用が異なります。

お墓を移す

近年お墓から供養しやすいように近場の霊園や納骨堂にお骨を移す人達が増えてきました。お墓の引っ越しを行う場合は、寺院の住職に閉眼供養をしてもらい、新しく納骨される場所で開眼供養を行います。

供養をする

葬儀を業者に依頼する

亡くなった故人に素晴らしい葬儀をしたいという思いは誰にでもあると思います。 しかし、亡くなってしまった悲しみから、すぐにしっかりとした葬儀を1から全て計画し実行することはなかなか難しいことです。 これは私の体験談です。 まだ若かった母が他界しました。私のおなかには第2子が宿っていました。 もう少しで産まれるという矢先のことです。 亡くなった母の葬儀はずっとお世話になっているお寺やるとこに決まっていました。 そこで、葬儀屋さんがあると紹介して頂きました。 葬儀の進め方、準備するもの、どのようにやりたいか、予算などすべて一緒に進めてくれます。 骨壺や棺桶、祭壇、進行、参列してくださる方への案内などすべて丁寧に教えてくれます。 母らしくしたいという思いから、葬儀で流す曲、イメージの色、すべてが希望通りになりました。 葬儀屋さんに依頼することもひとつの手段だと思います。

土地柄による違いや事前相談

私の体験談は本当に地元ならではの進め方です。 地類組合の方に協力してもらい、受付などもお互いに協力しあいます。 しかし、地方ではすべてお寺さんにお願いするところや、葬儀屋さんの何種類かあるプランから選ぶもの、斎場にすべてお願いする、農協さんでお願いするなどいろいろな方法があります。 もちろんすべて遺族で準備するものありです。 今では、自分の葬儀の進め方など事前に相談しておけるサービスもあります。 しかしこちらは、いろいろな問題がニュースになっています。 契約した内容で進めてもらえなかったなど、調べてみると恐ろしいことがあるようです。 しかし、他界したとしてもこうしてほしいという希望があると思います。 それは人生で最後の希望なのです。 一人で決めずに、家族の立ち合いのもと、記録に残るようにし、家族が協力しあってすることが必要なのかもしれません。

最新の記事

希望する葬儀を

自分がなくなった後の葬式に、何か希望がある場合は生前に業者や家族と相談を行なうことが大切です。近年人気のある葬儀の種類に家族葬というものがあります。家族を中心にこじんまりとした規模の葬儀を行います。

維新を整理する

遺品整理は亡くなった人の持ち物を整理するサービスのことです。遠方に住んでいてなかなか出来ない場合や、心の整理がつかないという要な場合に、業者が変わって遺品整理を行なってくれます。

 

オススメリンク

  • 農協葬儀センター

    任せてよかったと感じるでしょう。葬儀を神奈川で利用したいと考えているならこちらがオススメとなっています。
  • コープ葬祭センター

    どんな些細なことでも相談することができるので葬儀を埼玉で申し込みたいと考えているならこちらを調べてみよう。